WEB会議システムを導入する事で経費削減に繋がると言われています。WEB会議システムと言うのはインターネットを利用して映像や音声を利用して会議を行えるシステムであり、パソコンの中のデータを共有化したり、データを相手に転送したり保存できるなどの特徴を持ちます。経費削減に繋がると言っても、WEB会議システムを導入する事で導入コストが生じることになりますので、それなりの削減効果が期待出来なければ意味が有りません。利用する場合に経費削減の効果が出ると言うのは、会議を行うにあたり交通費や移動時間などが節約できる事が条件になるのです。

例えば、東京に本社を構える企業が有るとして、九州、大阪、名古屋、長野、仙台、秋田、札幌などに支社があり、支社に在籍をしている社員を本社に集結させる場合、それぞれのエリアから東京に来るまでにかかる所要時間はそれぞれ異なりますが、飛行機や新幹線などを利用して東京の本社に来るわけですので、交通費がかかることになります。また、会議が午後から開催される場合など、会議の内容によっては夕方までとなる事も有ります。そうなると、それぞれの支社に戻るのが難しくなりますので宿泊費が必要になってくるわけです。WEB会議システムはインターネットを利用して音声や映像などを会議参加者に対し、使用権を与えることが出来るため、同時に話をしたり映像を見て商品の説明を聞くことが出来るなどのメリットが有るのです。